×

ユニバーサル、「オカダ・マニラ」にて発生した不法占拠等の違法行為について説明

「オカダ・マニラ」

ユニバーサルエンターテインメントは1日、プレスリリースを通じて同社グループの「TIGER RESORT, LEISURE AND ENTERTAINMENT, INC.」(TRLEI)が運営するIR施設「オカダ・マニラ」にて発生した不法占拠等の違法行為について説明した。

同社発表によると、5月31日に同社元取締役の岡田和生氏の指示を受けたTRLEIの元取締役のトニー・コアンコ氏、建築業者のディンド・エスペラータ氏らが、パラニャケ市警の警官及び私設警備員約50人などを引き連れて、「オカダ・マニラ」の施設内に違法かつ暴力的に侵入・占拠。不法にTRLEIの役職員数名を強制的に施設内から退去させ、主要な従業員を何の権限もなく不当に解雇したという。

同社は「彼らの行動を正当化する行政や司法の許可・命令等は存在せず、これは違法かつ暴力的に行われた重大な犯罪行為」と非難し、直ちに刑事告訴を行う姿勢を示している。

また、TRLEIの議決権の99.9%を保有するTiger Resort Asia Limited(TRA)は、ユニバ社の100%子会社かつ香港企業であり、フィリピンの裁判所の管轄下にはなく、フィリピン最高裁第二部が今年4月27日付で発行した最高裁命令の効力は及ばないと主張。TRAが法に則り正当に選任したTRLEIの現在の取締役が引き続き経営を担っていくとしている。

リリースではほかにも、岡田氏がユニバ社及び子会社の資金約20億円を不正に流用したことなどを受けて、TRAが2017年6月に岡田氏をTRLEIの取締役から解任したことや、ユニバ社が岡田氏に対して提起した損害賠償責任訴訟において、2021年9月に日本の最高裁判断で岡田氏の敗訴が確定したことなどを説明している。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:156件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

7月1日、兵庫県尼崎市のJR神戸線「立花駅」北側に『キコーナ立花北店』がグランドオープンした。 同地 ...

2

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

3

「パチスロ甲鉄城のカバネリ」(サミー) 連日の真夏日で外に出る気力が湧かない。しかし実際には節電に協 ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島