×

回胴遊商の関東・甲信越支部が地区研修会を開催

回胴式遊技機商業協同組合(回胴遊商)の関東・甲信越支部は7日、東京都文京区の東京ドームホテルにおいて地区研修会を開催した。

冒頭、挨拶に立った警視庁生活安全部保安課の佐藤隆太郎係長は、回胴遊商が18年前から続けているホール駐車場における幼児車内放置ゼロ巡回活動によって、事故防止に繋がっていると謝意を述べた後、「不正遊技機の流通防止」「中古機流通における健全化確保」「旧規則機の適正な廃棄・リサイクル」について訓話した。

研修会では、総代会・理事会報告、組合活動の重点項目の説明などが行われたほか、特別講習として大饗裕記理事長が登壇し、「遊技業界の現状と将来性について」を演題に業界のこれからの動向についてレクチャーを行った。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:179件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

2

6月中の閉店・休業件数は66軒。本年の半年間で閉鎖したパチンコホール数は500軒近くに上っている。 ...

3

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島