×

福岡県宗像市の複合商業施設「トリアーダ宗像」の再開発完成に伴い、玉屋が宗像市と防災協定を締結へ

福岡県・佐賀県にてパチンコホールを14店舗展開する玉屋(本社・福岡市中央区)は、再開発に着工していた複合商業施設「トリアーダ宗像」(福岡県宗像市)が完成し、6月25日に開所式及び宗像市との防災協定締結式を実施する。

「トリアーダ宗像」は、建物の老朽化が進んだことによる全面リニューアル並びに防災拠点としての機能強化もかねて、2020年秋より約30億円の総工費をかけて再開発に着工。第1期(2021年4月)として5店舗、第2期(2022年3月)として7店舗がオープン。そして今回、ディスカウントストア「ドン・キホーテ」の開店と共にグランドオープンを迎えることとなった。

同施設では、街づくりへの貢献及び災害時の指定避難場所として、太陽光発電設備(発電量・約40万kwh、一般家庭約110世帯の使用電力に相当)、非常用飲料水貯水槽(40トン)、マンホールトイレなどの防災設備を備え、地域住民やペット同伴者も利用可能な施設として機能するため、宗像市との協定を締結する。

同社は「『トリアーダ宗像』は生活にイロドリを与える『娯楽』『物販』『飲食』の3つの価値が揃った複合商業施設であり、街の賑わい、防災拠点の両面から地域に貢献できる施設として、地域との共生を目指していく」としている。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:156件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

7月1日、兵庫県尼崎市のJR神戸線「立花駅」北側に『キコーナ立花北店』がグランドオープンした。 同地 ...

2

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

3

「パチスロ甲鉄城のカバネリ」(サミー) 連日の真夏日で外に出る気力が湧かない。しかし実際には節電に協 ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島