×

現市場最高峰のスペック性能を実現、SANKYOがパチンコ新台「Pフィーバーからくりサーカス」を発売

SANKYOはこのほど、パチンコの新台として「Pフィーバーからくりサーカス」を発売すると発表した。

タイアップコンテンツである「からくりサーカス」は、「勝」「鳴海」という2人の主人公と「オートマータ」との闘いを描いた王道バトルマンガ。1997年から2006年にかけて少年誌で連載され、累計発行部数は1500万部。原作終了から12年経った2018年にTVアニメ化されるなど、今もなお根強い人気とファンを持ったアニメ作品となっている。

スペックは大当り確率約1/319の1種2種混合タイプで、初当り後のRUSH突入率は75%。また、多くユーザーから高い評価を得ている上位RUSHを搭載し、その継続率は約81%。大当り出玉は全て1500個のうえ、3000個演出(1500個×2)まで搭載した現市場における最高峰スペックと言えるだろう。

なお、全国のパチンコホールへの導入は8月上旬を予定している。

原作/藤田和日郎「からくりサーカス」(小学館少年サンデーコミックス刊)/ ©藤田和日郎・小学館/ツインエンジン
Licensed by Sony Music Labels Inc.


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:179件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

2

6月中の閉店・休業件数は66軒。本年の半年間で閉鎖したパチンコホール数は500軒近くに上っている。 ...

3

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

-新台, パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島