×

「牙狼」シリーズ伝統の”やれる感”を再現、サンセイR&Dがパチンコ新機種「P激デジ 真・牙狼」発表

サンセイR&Dはこのほど、パチンコ新機種「P激デジ 真・牙狼」を発売すると発表した。

2020年10月に導入が開始された「P真・牙狼」の別スペックバージョンで、好評の「激デジシリーズ」の第3弾。大当り確率1/77.74の時短突破型V-STタイプで、ST突入率は51.1%。トータル継続率77%、右打ち中の大当りは25%が10Rと、大当り確率約1/77ながら、従来の「牙狼」シリーズ伝統の「やれる感」をイメージできるスペックに仕上がった。

牙狼連続演出の廃止や長尺演出の廃止・短縮化により変動効率が大幅にアップしているほか、完全新規演出として初回時短「魔獣HORRUSH」や、「P牙狼冴島鋼牙」の牙狼SPリーチも搭載し、演出ボリュームもアップしている。

なお、全国のパチンコホールへの導入開始は8月1日を予定する。

「P激デジ 真・牙狼」スペック概要
大当り確率:1/77.74(高確率:1/72.73)
賞球数:1(ヘソ、電チュー、左上、左中入賞口)&2(右作動口)&5(左下入賞口)&10(大入賞口)
カウント:10カウント
ラウンド数:10R or 4R or 3R or 2R
ST突入率:51.1%
トータル継続率:約77%
電サポ回数:50回(通常時短)、230回(突然時短)、295回(遊タイム)
遊タイム:低確率時230回転消化で時短295回に突入
突然時短確率:1/319.68

©2005 雨宮慶太/Project GARO ©2006 雨宮慶太/東北新社・バンダイビジュアル
©2011 「呀」 雨宮慶太/東北新社 ©2013 「桃幻の笛」 雨宮慶太/東北新社
©2013 「絶狼」 雨宮慶太/東北新社 ©2015 「媚空」 雨宮慶太/東北新社
©2010-2016 雨宮慶太/東北新社 ©2016 「絶狼」 雨宮慶太/東北新社


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:156件)


コメント:1件 コメントを書く

  1. この筐体早く卒業してくれや

    13
    2

今、読まれています!

1

7月1日、兵庫県尼崎市のJR神戸線「立花駅」北側に『キコーナ立花北店』がグランドオープンした。 同地 ...

2

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

3

「パチスロ甲鉄城のカバネリ」(サミー) 連日の真夏日で外に出る気力が湧かない。しかし実際には節電に協 ...

-新台, パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島