×

大阪府遊協、パチンコ営業の適切な評価を求め大阪市会議長に陳情書提出

平川容志理事長

大阪府遊技業協同組合(大遊協)は、5月25日の大阪市議会における「パチンコ、パチスロ等をギャンブルに位置づけ、ギャンブル等依存症防止のための適切な対策を促進させることを求める意見書」の決議を受けて、5月30日に大阪市会議長宛てにパチンコ営業の適切な評価の取扱いを求める陳情書を提出した。

陳情書では、「監督官庁である警察庁はパチンコ営業をギャンブルとして扱っておらず、裁判の判例でもギャンブルと認定されたことがない」とした上で、違法性の高いオンラインカジノ等と同一視した取扱いとなっている点について「甚だ残念」と抗議。意見書で指摘された依存防止対策については、「ギャンブル等依存症対策基本法」が成立した平成30年より以前から取組んでいると主張した。

また、この件で大遊協組合員だけでなく、全国のホール事業者、遊技機メーカー、販売商社等の関連事業者、並びにその従業員、家族も傷つけたとし、今後はパチンコ営業に関して適切な評価に基づいて取扱うよう陳情している。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:157件)


コメント:60件 コメントを書く

  1. 適切な評価と言うならばパチンコは、紛れもなく、一点の曇りもなく、寸分違わぬギャンブルです。
    元パチンコ屋店長の私の見解ですが。

    131
    47
  2. クギを曲げて、本来の性能から著しく乖離したぱちんこ台は違法な賭博機ですよ

    108
    11

今、読まれています!

1

7月1日、兵庫県尼崎市のJR神戸線「立花駅」北側に『キコーナ立花北店』がグランドオープンした。 同地 ...

2

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

3

「パチスロ甲鉄城のカバネリ」(サミー) 連日の真夏日で外に出る気力が湧かない。しかし実際には節電に協 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島