×

新潟県を代表するパチンコ企業が「加熱式たばこプレイエリア」の導入を加速、GW以降だけで「エヌワン」13店舗が導入済み

『エヌワン三条店』の案内。パチンコ・パチスロのほぼ全台で加熱式たばこが吸えるようになるとのこと。

株式会社シリウス」は新潟県を中心にパチンコホールを展開する有力チェーンである。経営店舗は全て「エヌワン」の屋号を冠して計21店舗を営業中だ。その内訳は新潟県(17店舗)、福島県(3店舗)、そして千葉県(1店舗)となっている。

1店舗あたりの平均設置台数は約550台と中規模ホールが目立つ構成。それでも顧客から高い支持を集める強豪ホールを数多く抱えており、新潟資本企業としては「第一実業グループ(ダムズ)」と並んでトップクラスと評せるだろう。

なお、コロナ禍以降すぐにパチンココーナーへ各台計数機を導入するなど、有力チェーンらしい速やかな対応もみられたものである。そんな同社では最近、「加熱式たばこプレイエリア」の導入を推進中だ。5月から6月にかけてGW以降だけでも13店舗での導入が確認されていた。

シリウスグループにおいて「加熱式たばこプレイエリア」の導入が確認された店舗及び日付は以下の通り。

<福島県>
エヌワンいわき店(5月24日)
エヌワン小名浜店(5月24日)
エヌワン郡山店(6月10日)

<新潟県>
エヌワン西新発田店(5月9日)
エヌワン亀貝インター店(5月28日)
エヌワン万代店(5月28日)
エヌワン黒埼店(6月4日)
エヌワン長岡寺島店(6月4日)
エヌワン上越けんしんこう大橋店(6月8日)
エヌワン上越南店(6月18日)
エヌワン村上インター店(6月18日)
エヌワン三条店(6月21日)

<千葉県>
エヌワン富里インター店(6月6日)


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:179件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

2

6月中の閉店・休業件数は66軒。本年の半年間で閉鎖したパチンコホール数は500軒近くに上っている。 ...

3

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島