×

茨城県のパチンコ経営企業「サンビック」が破産手続き開始決定、本年2月に最後の経営ホールが閉鎖していた

2022年6月27日官報より

茨城県のパチンコ経営企業であった「株式会社サンビック」が、水戸地裁・土浦支部において破産手続きの開始決定を受けたことが6月27日の官報に公告されている。2022年6月14日付け。事件番号は令和4年(フ)第78号。

株式会社サンビックはつくば市に本拠を構えていて、主に「タイタニック」の屋号で知られていたパチンコ企業だ。同社の1号店であった『タイタニック土浦店』は丸みを帯びた外観が特徴的なホールであり、昨年2月28日を以って閉店していた。なお、同店の跡地は一旦更地となった後に、本年4月26日に『ジュピター707土浦店』として(別企業により)生まれ変わっている。

そして最後の経営ホールであった『SUNBIG』が本年2月16日より休業となったことで、パチンコ事業における営業活動を停止していた。ちなみにホームページ上で休業を告知した際には「当局の指導によりまして一時休業させて頂くこととなりました」との記載があったことでも話題となっていたものである。

当局の指導により一時休業へ、茨城県つくばみらい市のパチンコ店『SUNBIG』が2月16日より休業することを告知している

茨城県つくばみらい市にて営業してきたパチンコホール『SUNBIG』が2022年2月16日より一時休業 ...

続きを見る

新規則機時代へと突入したことで小規模ホールを中心に閉鎖が相次いでいるのは周知の通り。パチンコ事業から撤退した企業の倒産ニュースが顕在化してくるのは、まだまだこれからだろう。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:270件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

今年4月にグランドオープンした日光商事グループの新店『nikko泉田店』。「Pスーパー海物語 IN  ...

2

三洋物産はこのほど、パチスロ新機種「S笑ゥせぇるすまん4」を発表した。パチンコホールへの導入開始は1 ...

3

数年前から遊技業界でも「依存問題」に対して真剣に取り組むようになりました。それは関係当局の行政講話で ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島