×

「ピーアーク」が全店舗で節電要請に対する取り組みをアピール、既に多くのパチンコ店で節電対応が開始されている

ピーアーク」グループは首都圏にてパチンコホールを展開する有力チェーンである。経営店舗は全て「ピーアーク」の屋号を冠しており計20店舗を営業中だ。近年では閉鎖した店舗も目立っていて、スクラップ&ビルドを推進中ということなのだろう。本年4月28日には1011台の巨艦ホール『ピーアーク相模大野』をグランドオープンしたことも記憶に新しいところだ。

そんな同社ではこのほど、経済産業省から発令される東京電力管内の「電力需要ひっ迫注意報」に対し、全店舗で節電への取り組みを実施することを発表した。

取り組み内容としては「店頭ネオン、ダウンライトの消灯」「店名看板の消灯」「事務所内の室温28度設定(スタッフの体調も考慮し室温を調整)」「事務所内の照明や機器の一部電源OFF」の4点。実施時間などは要請の内容を鑑みながら決定するとしている。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

京都府宇治市にて営業してきたパチンコホール『キコーナ宇治大久保店』が改装のため、休業したのは本年8月 ...

2

長引くウクライナとの戦争でプーチン大統領は動員令を発動した。いつ軍隊に召集されるか分からない状況に怯 ...

3

保安通信協会(保通協)は3日、2022年9月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 パチンコは結 ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島