×

札幌方面遊協が総会、合田康広理事長が留任

札幌方面遊技事業協同組合(札幌方面遊協)は6月30日、札幌市中央区のANAクラウンプラザホテル札幌において第29回通常総会を開催。任期満了に伴う役員改選では、役員28名全員の留任を全会一致で承認した。

総会に先立って行われた行政講話では、北海道警察本部生活安全部保安課の大釜寛貴次席が、違法な広告宣伝が多くみられる現状に対し「のめり込み防止の観点からも重要であり、道警として広告宣伝規制の取締りを徹底して行く」と言及。そして、「旧規則機の確実な撤去」「遊技機流通業務の健全化」「遊技機の不正改造事案の絶無」の3点を要請した。また、くぎ曲げ事犯が全国的に横行していると指摘したうえで「くぎ曲げはファンの信頼を裏切るばかりではなく、業界全体の社会的地位の向上といったこれまで長きにわたって業界が取組んできた健全化対策を失墜させる行為」とし厳正に対処していくとした。

合田康広理事長は、今年5月に同組合が札幌遊技業協同組合を吸収合併した経緯を報告し、「来年4月1日には、北海道5方面遊協の一本化を実現する予定。現在最終的な協議に入っている」とした。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

新規則機時代へと突入した2022年も4分の3が経過し、残りは3か月となった。その間パチンコホールの閉 ...

2

テンガイグループのツイッターより 9月18日に鹿児島市に上陸した台風14号。暴風雨を伴いながら九州を ...

3

各台計数機・パーソナルを入れる前の「玉箱」があった方が従業員のモチベーションは高かった、とあるホール ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島