×

岡山県を代表するパチンコ企業「成通グループ」が政府の節電要請に対して全店舗で協力姿勢を示す

成通」グループは中国地方を中心にパチンコホールを展開する有力チェーンである。経営店舗は全て「ハリウッド」の屋号を冠して計28店舗を営業中だ。集客力には定評があり、岡山県を代表するチェーン企業の一つと評せることだろう。

そんな同社ではこのほど、政府が7年ぶりに要請した節電に関して、全店舗で協力すると発表した。具体的には下記項目の節電に協力するという。

・屋外の液晶看板、ネオン、照明等の節電(防犯目的照明などは除く)
・屋内の不要な照明の間引き、消灯及び機器類の電源OFF
・冷房の設定温度を下げ過ぎない

また、これら以外にも事務所内・スタッフ休憩室・自動販売機など、各店舗で出来る範囲の節電を行い、消費電力を抑えていくとした。

同グループが掲げる節電ポスターには「節電協力中 全国的な電力不足にハリウッドチェーンは全店で協力しています」と掲載されており、グループ全体で節電の取り組みを強化。安心安全なくらしの実現に向けて貢献することがアナウンスされている。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, ,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」