×

パチンコ「華牌」シリーズの最新作が登場、通常時150回転で発動する遊タイムを搭載した新解釈基準対応機

豊丸産業は13日、パチンコ新機種「P華牌RRwith清水あいり 150de遊タイム」の発売に伴い、プレス向けの説明動画をYouTubeに限定公開した。

本機は、「ローズテイル」と猿渡翔でお馴染みの人気麻雀パチンコ「華牌」がコラボした「P華牌R~猿渡翔がローズテイルにやってきた~」(2019年10月発売)の続編。大当り確率1/99.9の甘デジで、通常確率の1.5倍である150回転で発動する新解釈基準の遊タイム搭載機となっている。

初当り後は時短5回+残保留4回の「漢の禅集中炎舞」に移行。見事、突破でトータル継続率約81%のRUSH「南国翔タイム」に突入。さらに、大当りの一部で時短320回+残保留4回の最上位モード「プレミアム南国翔タイム」に突入する。「プレミアム南国翔タイム」中は、大人気グラビアアイドル・清水あいりさんの魅力を堪能することができる。

また、本機の遊タイムは通常時150回転消化で「プレミアム南国翔タイム」が発動する。

演出面では、南国を舞台にお馴染みの麻雀バトルはもちろん、ローズテイルのキャラから告白されれば大当りの「告白リーチ」や、好みのコスプレを選択し、成功で大当りとなる「コスプレチャンス」など、萌え系リーチが盛りだくさんとなっている。

なお、全国のパチンコホールへの導入開始は9月20日を予定する。

【スペック概要】
■大当り確率:特図1:1/99.9 特図2:1/14.4
■南国翔タイム突入率:約50%
■南国翔タイム継続率:約81%
■大当り出玉:特図1:120個~400個/特図2:180個~600個

©TOYOMARU


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

新規則機時代へと突入した2022年も4分の3が経過し、残りは3か月となった。その間パチンコホールの閉 ...

2

テンガイグループのツイッターより 9月18日に鹿児島市に上陸した台風14号。暴風雨を伴いながら九州を ...

3

各台計数機・パーソナルを入れる前の「玉箱」があった方が従業員のモチベーションは高かった、とあるホール ...

-新台, パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島