×

ニューギン、パチンコ新機種「P真・怪獣王ゴジラ2」を直営店でテスト導入

ニューギンは12日、名古屋市中川区の直営パチンコ店「パーラーニューギン」(476台)にて、パチンコ新機種「P真・怪獣王ゴジラ2」のテスト導入を実施した。

「ゴジラ」シリーズの最新作となる本機は、興行収入82.5億円を記録した映画「シン・ゴジラ」の映像を初搭載。東宝監修のもと、パチンコ機として初3DCG化し、「シン・ゴジラ」の世界を再現している。

スペックは、大当り確率1/319.68、ST104回転までのV‐ST機で、ST突入率は約63.9%、トータル継続率は約84%。さらに、「G‐RUSH」(特図2)中の10R割合は77%と、出玉感とスピード感を兼ね備えている。

「G‐RUSH」中は、「シン・ゴジラRUSH」と「怪獣総進撃モード」の2つのモードから選択が可能。どちらのモードも1~25回転、26~90回転、91~100回転、101~104回転で演出が変化する。また、大当りの一部で突入し、実質次回まで継続する「SUPER咆哮タイム」も搭載している。

同店では、4円パチンコに10台、1円パチンコに5台の計15台を設置。同店スタッフは「演出に関しては、好評だった前作のいい所を残しつつ、専用筐体となっていて力が入っていると感じられる。また、今作は実質次回大当りまで継続する時短もあり、出玉の方も期待出来ると思う」と期待をのぞかせた。

TM & ©TOHO CO., LTD. 映画「シン・ゴジラ」 ©2016 TOHO CO., LTD.


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:270件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

今年4月にグランドオープンした日光商事グループの新店『nikko泉田店』。「Pスーパー海物語 IN  ...

2

三洋物産はこのほど、パチスロ新機種「S笑ゥせぇるすまん4」を発表した。パチンコホールへの導入開始は1 ...

3

数年前から遊技業界でも「依存問題」に対して真剣に取り組むようになりました。それは関係当局の行政講話で ...

-新台, パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島