×

6月末の全日遊連加盟パチンコ店舗数、前月より57店舗減少し7139店舗に

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は20日、毎月実施している「組合加盟店舗実態調査」における最新の集計結果を発表した。

資料によると、2022年6月末時点の営業店舗数は5月末より57店舗減少し7139店舗(前年同月は7876店舗)。また、新規店舗数は5店舗(前月比プラス5店舗)、廃業店舗数は58店舗(同マイナス9店舗)、6月中に発生した休業店舗数は34店舗(同マイナス5店舗)となった。6月までの本年累計廃業店舗数はこれで442店舗。昨年は379店舗であり、廃業店舗数は昨年を上回るペースで推移している。

遊技機の設置台数については、パチンコが204万4188台(前月比マイナス5970台)、パチスロが126万7059台(同マイナス7081台)で、総設置台数は前月比マイナス1万3051台の331万1247台となった。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:10件 コメントを書く

  1. 全日遊連の営業店舗数
    1月 -93店
    2月 -126店
    3月 -94店
    4月 -45店
    5月 -83店
    6月 -57店 (合計) -498店

    46
    2
  2. パチンコ閉店ラッシュおさまらず

    45
    4

今、読まれています!

1

新規則機時代へと突入した2022年も4分の3が経過し、残りは3か月となった。その間パチンコホールの閉 ...

2

テンガイグループのツイッターより 9月18日に鹿児島市に上陸した台風14号。暴風雨を伴いながら九州を ...

3

各台計数機・パーソナルを入れる前の「玉箱」があった方が従業員のモチベーションは高かった、とあるホール ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島