×

セントラルグループ、地元の土曜夜市で「大パチンコ」を提供

高知県を中心とした中四国エリアでパチンコホールを店舗展開するセントラルグループ(本社・岡山県倉敷市)は、7月2日より高知市の帯屋町アーケードにて毎週土曜日に開催している「土曜夜市」に出店している。

同社は地元高知の地域振興に寄与したいという趣旨のもと、2012年より土曜夜市実行委員会が運営する「土曜夜市」に出店しており、今年で9回目。近年はコロナ禍の影響で出店を控えていたが、今年は感染予防対策を徹底したうえで参加することとした。

ブースでは、釘を打った大きな木板に玉を転がして遊ぶパチンコをモチーフとした「大パチンコ」を設置。出店当初より好評のゲームであり、同社のブースには、例年一日あたり平均約1100~1500人の参加が見込まれるという。そのため、今年は感染対策としてブースを拡張し出店している。

また、土曜夜市には、今年入社したばかりの新入社員12名がスタッフとして参加。同社にとって土曜夜市は「お客様が喜ぶ瞬間を肌で感じ、商売や接客の原点を学ぶ場所」にもなっているとのこと。

セントラルグループは、「今後とも日頃お世話になっている地元・地域の皆様に楽しみと喜びを提供できるよう、積極的に地元高知の地域振興に寄与すべく、『土曜夜市』に参加していきたい」としている。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

京都府宇治市にて営業してきたパチンコホール『キコーナ宇治大久保店』が改装のため、休業したのは本年8月 ...

2

長引くウクライナとの戦争でプーチン大統領は動員令を発動した。いつ軍隊に召集されるか分からない状況に怯 ...

3

保安通信協会(保通協)は3日、2022年9月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 パチンコは結 ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島