×

余暇進、令和4年7月度部会を開催

一般社団法人余暇環境整備推進協議会(余暇進)は12日、令和4年7月度の部会・理事会をオンラインを併用して開催した。

部会では、公立諏訪東京理科大の篠原菊紀教授が「10年のいわゆる依存研究でわかったこと」を演題に講演。篠原教授は、世界保健機関(WHO)が本年2月に発行した国際疾病分類第11版(ICD-11)によりギャンブリング障害の必須要件が厳格化されたことについて言及。これに従えば、これまでの「依存症」疑いは「危ないギャンブルの遊び方」疑いとみるべきとの見解を伝えた。また、篠原教授が日工組社会安全研究財団や日遊協などで続けてきた遊技依存研究での成果を端的に示し、のめり込みリスクの低減には「健全遊技」としてプレイヤーに啓蒙していくといったアプローチ方法を提案した。

続いて行われた会員プレゼンテーションでは、合同会社DMM.comが来店ポイントシステム「パールコロン(Pig Point Club)」を紹介したほか、来店ポイントシステムを使ったCRM戦略のプレゼンテーションと、現状ホールが抱える来店ポイント運用の課題を示しつつ、増客・離反防止を目的とした会員戦略としての同社システムの活用事例等を説明した。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

スマスロ特設サイトより 話題となっているスマートパチスロ(スマスロ)の導入日が遂に決定した。第1弾は ...

2

スロットの初期設定を知らない店長が最近増えた、コンサルタントの一人がそう言う。機械知識がないのは現場 ...

3

サンセイR&Dは27日、同社の公式YouTubeチャンネルにて「【P牙狼GOLD IMPACT】本命 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島