×

東京都遊協、ワンデーポートに300万円寄贈

東京都遊技業協同組合(都遊協)は7月27日、東京都新宿区の遊技会館において7月定例理事会を行い、その席上、認定NPO法人ワンデーポートに対し300万円を寄贈した。

ワンデーポートの中村努施設長は「パチンコ業界の実情を伺いながら、依存対策の気付きや知見を積めたことは有意義だった」と長年の支援協力への謝意を述べた。続けて、今年2月にWHOが作成する国際的に統一した基準で定める国際疾病分類の診断要件の変更「ICD‐11」があり、「依存症」疑いは「疾病・障がい」疑いではないと解釈される基準になったことを報告。「私たちの活動、業界の依存対策の方向は、世界標準の依存対策と合致していっていると感じている」とその動向を紹介した。

阿部恭久理事長からも「ギャンブル等依存症が病気のような解釈がなされてきたが、今回、WHO解釈基準では、ギャンブル等依存症というくくりはなくなったと理解され、国内の専門機関では、依存症から依存という言葉に移行されるような動きがある。ギャンブル等依存症は病気といった考えから、依存に悩む一人ひとりの実情に即した支援の在り方が問われる局面に入っている」とした。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:270件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

今年4月にグランドオープンした日光商事グループの新店『nikko泉田店』。「Pスーパー海物語 IN  ...

2

三洋物産はこのほど、パチスロ新機種「S笑ゥせぇるすまん4」を発表した。パチンコホールへの導入開始は1 ...

3

数年前から遊技業界でも「依存問題」に対して真剣に取り組むようになりました。それは関係当局の行政講話で ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島