×

自己申告・家族申告プログラムの導入状況、日遊協会員企業は今夏までに100%達成へ

西村拓郎会長

日本遊技関連事業協会(日遊協)は7月28日、東京都中央区の本部会議室において令和4年度第2回の定例理事会を開催。理事会後にオンラインで記者会見を開いた。

政治連盟副会長である西村拓郎会長は、参議院議員選挙の結果について報告。また一昨日、政治連盟の役員との会食で、遊技業界の得票数が高く評価されたことを伝えた。これらの発言を受けて、「自民党において票田としての遊技産業の存在感について認識を新たにしてもらえたことは大きな成果の1つであった」と総括。木村氏には引き続き風営法議連の仕事を通じて業界のために助力してもらうことを伝えるとともに、「3年後に参院選がある。その時に向けて、遊技業界がよりパワーアップして応援できる体制を築いていきたい」とした。

また、自己申告・家族申告プログラムの推進状況について、日遊協ホール会員の導入状況は99%と報告。西村会長は「日遊協の会員企業では残り2法人となり、今夏までに導入率100%の目処が立った。非会員企業についても、各都府県方面遊協、MIRAIなど他ホール団体との協力のもと、引き続き導入を進めていきたい」とした。なお、全国の導入率は8077店舗中5421店舗で67.1%となっている。

質疑応答で、スマート遊技機に関して意見を求められた西村会長は、個人的な気持ちと前置きしたうえで「非常に期待している」と回答。「スマート遊技機がきちんと普及していけば、必ずホール運営のコストダウンにつながり、ホール運営が少しでも上向くと思う。スペックや機能についても期待している」と述べた。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:270件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

今年4月にグランドオープンした日光商事グループの新店『nikko泉田店』。「Pスーパー海物語 IN  ...

2

三洋物産はこのほど、パチスロ新機種「S笑ゥせぇるすまん4」を発表した。パチンコホールへの導入開始は1 ...

3

数年前から遊技業界でも「依存問題」に対して真剣に取り組むようになりました。それは関係当局の行政講話で ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島