×

有限会社大進のパチスロ「SサルカニSD1-30」が新規通過、1日付け沖縄検定

沖縄県公安委員会は8月1日、検定遊技機に関する告示を公開。パチンコ1型式、パチスロ2型式の計3型式が通過した。

新規通過は有限会社大進の「SサルカニSD1-30」。有限会社大進はベルコの関連企業で、代表者は永田誠一取締役社長。本社はベルコの東京支社と同じ東京都台東区東上野1丁目19番6号となっている。ちなみにベルコのパチスロデビュー第1号機は「さるかに合戦」(1997年3月登場)であり、今回新規通過した「SサルカニSD1-30」はその後継機と思われる。

検定通過機種は下記の通り。

パチスロ
SサルカニSD1-30(大進)
Sダンまち外伝XR(ゼクロスクリエイティブ)

パチンコ
PフィーバークィーンRUSH-Y(ジェイビー)


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:270件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

今年4月にグランドオープンした日光商事グループの新店『nikko泉田店』。「Pスーパー海物語 IN  ...

2

三洋物産はこのほど、パチスロ新機種「S笑ゥせぇるすまん4」を発表した。パチンコホールへの導入開始は1 ...

3

数年前から遊技業界でも「依存問題」に対して真剣に取り組むようになりました。それは関係当局の行政講話で ...

-新台, パチンコ業界ニュース, 新台検定通過情報
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島