×

澤田グループ、電力需要のひっ迫に備え「ネオンの一部消灯」など節電への取組みを実施

富山県内でパチンコホールを店舗展開する澤田グループ(本社・富山県魚津市)のノースランドは1日、今夏の電力需要のひっ迫に備え、節電の取組みを実施すると発表した。

取組み内容は、「ネオンの一部消灯」「ネオンの早めの消灯実施」「バックヤードの不要な照明の消灯」「事務所・従業員休憩室の室温を28度に調整」の4点。また、環境への取り組みとしてLED照明への切り替えや太陽光発電施設の運用を行っている。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:270件)


コメント:1件 コメントを書く

  1. 志は理解できるがなぜわざわざメディアに露出するのか。
    いい事してます見て見て〜とアピールしているのだろうか。
    電力ひっ迫に対して最も貢献できるのは休業以外にないだろう。
    遊協で話し合って輪番で休んだらどうだ?
    大規模停電が起きようものならパチンコ屋だけが叩かれるだろうからな。

    2
    1

今、読まれています!

1

今年4月にグランドオープンした日光商事グループの新店『nikko泉田店』。「Pスーパー海物語 IN  ...

2

三洋物産はこのほど、パチスロ新機種「S笑ゥせぇるすまん4」を発表した。パチンコホールへの導入開始は1 ...

3

数年前から遊技業界でも「依存問題」に対して真剣に取り組むようになりました。それは関係当局の行政講話で ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島