×

アンダーツリーグループにおける関東圏での最大店舗、神奈川県のパチンコ店『キコーナ海老名店』が高集客を見せる

『キコーナ海老名店』

神奈川県海老名市にて営業中のパチンコホール『キコーナ海老名店』は、パチンコ機724台・パチスロ機476台(合計1200台)を誇る巨艦ホールだ。アンダーツリーグループにおいて関東圏では最大規模となっている。

同店は「JR海老名駅」から南西方面へ1キロほど進んだ先に位置しているロードサイド型ホール。ホームページ上では大型駐車場を有していることも大きくアピールされていた。加えて「海老名駅」と「本厚木駅」からはシャトルバスも運行しており、駅前からの集客もある程度重視しているように映る。

また、近隣に店舗を構えている『アビバ海老名店』や『ガイアネクスト海老名駅前店』といった強豪ホールを意識したような施策も目に付き、7月中旬には加熱式たばこプレイエリアの増設も実施済み。店内の大半が同エリアとなっていて、(パチンコ側では吸殻の自動回収システムも備えているなど)完全禁煙コーナーは1円パチンコの1ボックスのみだった。

7月29日に視察すると、店内に入って驚かされたのはパチスロコーナーの出玉感だ。旧イベント日とはいえ、多くの台の後ろには別積みが出来ていた。もちろん実際に玉を出しているのもあるだろうが、2箱満杯になった時点から早々に別積みを開始するというオペレーションも光るところ。

400台超の広々としたパチスロコーナーだが、スタッフ達が忙しなく働きながら「出玉感の創出」に向けて意識共有出来ていると感じたものである。大手チェーンの旗艦店舗として、その名に恥じない優良ホールであった。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:225件)


コメント:13件 コメントを書く

  1. 大きい店=出す店ではない
    みんレポ見ればわかるけどここ特日でも店側の10万枚以上黒字とかしょっちゅうやるよ

    21
    3
  2. 店まだあったんだ…

    13
    5

今、読まれています!

1

秋田県秋田市にて営業中のパチンコホール『P-ZONE広面店』がマルハングループに事業承継されることが ...

2

ホームページなどで「スマスロ」導入を予告するパチンコホールが出始めている スマスロ導入の見通しが徐々 ...

3

知り合いのジャーナリストからパチンコ業界の展望などを聞かれる。そうして話している内に「公営ギャンブル ...

-パチンコ業界ニュース, ホール, 関東エリア, 神奈川県
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島