×

競合店舗では見られないような取組みの数々、沖縄県那覇市のパチンコ店『ピータイムおもろ』が圧倒的稼働を見せる

『ピータイムおもろ』

沖縄県にてパチンコホールを展開するピータイムグループ。経営店舗は主に「ピータイム」の屋号を冠しており計15店舗を運営。集客力に秀でた店舗が多く、沖縄県を代表するチェーン企業の一つであることは間違いない。また、遊技場経営を軸としながらも、ホテル・介護・航空機リース・自然エネルギー事業等、幅広い事業展開を行っている優良法人であり、地方の中堅チェーンながら目を離せない企業グループといえよう。

そんな同社の旗艦店の一つとして挙げられるのが沖縄県那覇市で営業している『ピータイムおもろ』。パチンコ機240台・パチスロ機316台(合計556台)の中規模ホール。県内屈指の高稼働店舗として全国的に知られる強豪店である。

8月3日午後の視察時には、全体稼働率54.0%という高集客をみせて、調査店舗におけるトップ稼働となっていた。4円パチンコの稼働が特に高く、「エヴァ 未来への咆哮」や「ガンダムユニコーン」といった主力機はもちろんのこと、新台にもしっかりと客が付いていた。沖縄というパチスロ30パイ機が中心の特殊な市場環境のなかで、6割超の稼働率には驚かされた。

そんな同店の強みに映ったのは、競合店舗では見られないような取組みの数々。パチンココーナーでは足元までの仕切りがあり、パーソナルスペースを確保。また、休憩スペースにまでスマホのワイヤレス充電器を完備するほか、今話題となっている人気Youtubeチャンネル「パチ屋の裏研修」のグッズを一般賞品として取り扱うなど、幅広い年代の客層を取り込もうとする姿勢が伺えた。また、喫煙者への配慮も抜かりがなく、店内の複数箇所に(個室を含めた)喫煙ブースが用意されていた。

近隣には『ジャンボポートアイランド店』や『M’sガーデン』といった競合ホールも存在するなかで、圧倒的な集客力を見せつけていた『ピータイムおもろ』。同店には引き続き注目しておきたい。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:2件 コメントを書く

  1. / ̄ ̄\
       ( /⌒ヽ \
       /((( ヽ\ \おもろーーー!
      / / ̄ ̄ ̄\  ヽ
      / |     ヽ |
     ( |⌒\ /⌒|ノ |
      (∨⊂゚⊃||⊂゚⊃∨)
      |   ||   |
      人  ヽ_ノ  ノ
       | /二二\ |
       ∧     /
       ∧    /
       /\__/\
       | VLΛ/ |
       || V|/ ||

    4
    3
    • どんな頭してるん
      訳分からんわ!!!

      1
      0

今、読まれています!

1

新規則機時代へと突入した2022年も4分の3が経過し、残りは3か月となった。その間パチンコホールの閉 ...

2

テンガイグループのツイッターより 9月18日に鹿児島市に上陸した台風14号。暴風雨を伴いながら九州を ...

3

各台計数機・パーソナルを入れる前の「玉箱」があった方が従業員のモチベーションは高かった、とあるホール ...

-パチンコ業界ニュース, ホール, 沖縄県, 九州・沖縄エリア
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島