×

遊技機販売台数は前年同月比で微減、セガサミーHDが2023年3月期第1四半期決算発表

セガサミーホールディングスは4日、2023年3月期第1四半期の連結決算を発表した。

それによると、売上高661億1800万円(前年同期比プラス11.2%)、営業利益27億7700万円(同マイナス27.8%)、経常利益42億5500万円(同プラス22.1%)、四半期純利益31億5800万円(同プラス7.4%)。引き続きエンタテインメントコンテンツ事業が業績をけん引、遊技機事業は概ね想定通り推移となった。

遊技機事業においては、パチスロ機では「パチスロこの素晴らしい世界に祝福を!」(3293台販売)と「ぱちすろけものフレンズ」(2483台販売)など2タイトルの販売を行い、販売台数は8724台(前年同期は9554台)。パチンコ機の新規タイトルは「P頭文字D」(1万700台販売)のみで、1万4018台を販売(同1万5038台)。概ね想定通りの販売台数となり、売上高105億5700万円(前年同期比プラス1.9%)、経常損失6億4600万円(前年同期は14億9400万円の経常損失)。今後は部材調達リスクに引き続き注視しつつ、第2四半期以降、規制見直しに対応した機種の投入を開始していくとし、通期でパチスロ8万4000台、パチンコ11万4000台の販売を計画している。

エンタテインメントコンテンツ事業では、コンシューマ分野においてフルゲーム514万本を販売。また、F2Pが好調に推移し、売上高527億7800万円(前年同期比プラス11.3%)、経常利益81億4200万円(同マイナス4.6%)となった。

リゾート事業においては、「フェニックス・シーガイア・リゾート」の施設利用者数がコロナ禍前の2020年3月期第1四半期を上回るなど、個人客を中心に需要が回復。一方、海外の「パラダイスシティ」においては各国の渡航制限の影響等により、2022年1月~3月のドロップ額(テーブルにおけるチップ購入額)が202年1月~3月との比較で16.0%、カジノ来場者数は同比31.8%となるなど引き続き低調に推移。その結果、売上高26億4900万円(前年同期比プラス70.9%)、経常損失11億6800万円(前年同期は19億5900万円の経常損失)となった。

2023年3月期通期の連結業績予想に変更はなく、売上高3750億円、営業利益400億円、経常利益400億円、純利益280億円を見込む。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

スマスロ特設サイトより 話題となっているスマートパチスロ(スマスロ)の導入日が遂に決定した。第1弾は ...

2

スロットの初期設定を知らない店長が最近増えた、コンサルタントの一人がそう言う。機械知識がないのは現場 ...

3

サンセイR&Dは27日、同社の公式YouTubeチャンネルにて「【P牙狼GOLD IMPACT】本命 ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島