×

平和、2023年3月期第1四半期決算は増収増益

平和は5日、2023年3月期の第1四半期決算を発表した。

それによると、売上高347億3100万円(前年同期比プラス8.4%)、営業利益78億5500万円(同プラス79.9%)、経常利益78億2700万円(同プラス80.7%)、純利益53億5500万円(同プラス103.4%)と、増収増益となった。

遊技機事業は、売上高97億8500万円(前年同期比プラス7.3%)、営業利益23億3200万円(同プラス2909.9%)。パチンコ機では「麻雀物語4」(6176台販売)や「めぞん一刻 Wedding Story 甘デジ」(2322台販売)など計1万7497台(前年同期比プラス955台)を販売。パチスロ機では、業界初となる6.5号機「キャッツ・アイ」(5025台販売)など計6081台(同マイナス588台)を販売した。パチスロ機の販売台数は伸び悩んだが、パチンコ機の販売台数が増加したため、売上高は前年同期比で微増。利益面は、パチンコ機の販売台数増、売上原価の低減により売上総利益が増加したこと、前期に実施した希望退職制度により人件費が減少したことにより、前年同期比で大幅に増加している。なお、通期ではパチンコ機は8機種8万8000台、パチスロ機は8機種4万2000台の販売を計画する。

ゴルフ事業は、売上高249億4500万円(前年同期比プラス8.8%)、営業利益62億5200万円(同プラス30.3%)。来場者数の増加、顧客単価の回復により、ゴルフプレー売上が増加。また、会員関連売上もゴルフ人気を背景に好調だった。

通期の連結業績予想に変更はなく、売上高1380億円、営業利益207億円、経常利益200億円、当期純利益133億円を見込む。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

京都府宇治市にて営業してきたパチンコホール『キコーナ宇治大久保店』が改装のため、休業したのは本年8月 ...

2

長引くウクライナとの戦争でプーチン大統領は動員令を発動した。いつ軍隊に召集されるか分からない状況に怯 ...

3

保安通信協会(保通協)は3日、2022年9月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 パチンコは結 ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島