×

プローバグループ、無農薬野菜などの提供を通じてこども食堂の活動を支援

広島県を中心にパチンコホールやゲームセンターなどを展開するプローバグループ(本社・広島市安佐南区)は4日、広島こども食堂支援センターへ食材を寄付した。

広島こども食堂支援センターは、地域全体で子どもたちの成長を見守る環境の整備と、地域住民同士がお互いに支えあう共生社会の実現に寄与することを目的に活動するNPO法人。プローバグループはこの趣旨に賛同し、こども食堂の活動支援として関連会社である株式会社プローバベジモが生産する無農薬野菜とその野菜を加工した総菜を届けた。

プローバグループでは「企業理念である『地域社会への貢献』をひとつでも多く形にすべく、支援活動を継続していく」としている。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

新規則機時代へと突入した2022年も4分の3が経過し、残りは3か月となった。その間パチンコホールの閉 ...

2

テンガイグループのツイッターより 9月18日に鹿児島市に上陸した台風14号。暴風雨を伴いながら九州を ...

3

各台計数機・パーソナルを入れる前の「玉箱」があった方が従業員のモチベーションは高かった、とあるホール ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島