×

オーイズミ、2023年3月期第1四半期連結決算は増収減益

オーイズミは12日、2023年3月期第1四半期の連結決算を発表。それによると売上高32億8600万円(前年同期比プラス13.6%)、営業利益3億3200万円(同マイナス42.2%)、経常利益3億3500万円(同マイナス43.9%)、純利益2億700万円(同マイナス50.0%)で、増収減益となった。

機器事業では、パチンコホールの設備投資スタンスが抑制的となり、周辺機器部門の販売状況は低迷。遊技機部門においては「パチスロひぐらしのなく頃に祭2カケラ遊び編」を市場投入し、販売台数の確保に努めた。その結果、売上高16億300万円(前年同期比プラス1.4%)、セグメント利益1億4000万円(同マイナス56.9%)。なお、開発部門ではスマート遊技機の導入が予定されているため、6.5号機の開発に注力しているとした。

また、健康意識が高まる状況の中、食品事業を新たな中核事業として位置付け、2022年4月にバブルスター株式会社の発行済み全株式を取得し子会社化。健康食品の開発、製造、並びにECサイトにおけるブランド商品販売を展開し、売上に大きく寄与。その結果、売上高10億200万円(前年同期比プラス56.2%)、セグメント利益7100万円(同マイナス1.7%)となった。

通期の連結業績予想に変更はなく、売上高156億円、営業利益12億円、経常利益11億2000万円、純利益7億円を見込む。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:1件 コメントを書く

  1. そのまま倒産していいよ

    1
    0

今、読まれています!

1

京都府宇治市にて営業してきたパチンコホール『キコーナ宇治大久保店』が改装のため、休業したのは本年8月 ...

2

長引くウクライナとの戦争でプーチン大統領は動員令を発動した。いつ軍隊に召集されるか分からない状況に怯 ...

3

保安通信協会(保通協)は3日、2022年9月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 パチンコは結 ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島