×

島根県益田市のパチンコ店『テキサス益田』と『ビクトリー益田店』が8月17日に改装オープン、飛沫感染防止ボードを全台に設置

伯和」グループは広島県を中心にパチンコホールを展開する有力チェーンである。経営店舗は主に「ビクトリー」の屋号を冠しており計31店舗を営業中。永らく新規出店等の大きな動きはみられていない一方で、閉鎖した店舗もほとんど無く、非常に安定感の強い企業グループという印象である。

1店舗あたりの平均設置台数は405台ほどで小・中規模ホールが目立つ構成だ。そんな中でこの度、『テキサス益田』(338台)と『ビクトリー益田店』(245台)の2店舗において改装オープンを実施済み。パチスロコーナー全台にも「飛沫感染防止ボード」を設置したことがアピールされていた。

なお、遊技環境面の向上・改善に努める動きは全国的に増加中。その一環として遊技台を仕切るボードを新たに変更するホールも複数散見している。もはやパチンコホールにおける標準設備といえるものであり、全店舗に導入されることを期待したい。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

新規則機時代へと突入した2022年も4分の3が経過し、残りは3か月となった。その間パチンコホールの閉 ...

2

テンガイグループのツイッターより 9月18日に鹿児島市に上陸した台風14号。暴風雨を伴いながら九州を ...

3

各台計数機・パーソナルを入れる前の「玉箱」があった方が従業員のモチベーションは高かった、とあるホール ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島