×

愛知県の「KEIZ」3店舗でパチンコに各台計数機を導入、最適なバランスを求めて各ホールで試行錯誤が続く

平成観光」グループは東海地方を中心にパチンコホールを展開するチェーン企業である。経営店舗は全て「KEIZ」の屋号を冠し全国で計16店舗を営業中だ。なお、半数以上となる10軒が1000台以上の巨艦店で、1店舗あたりの平均設置台数は970台にも上る。

そんな同社では、お盆商戦前に以下の3店舗で改装オープンを実施。パチンコ全台に対して各台計数機を導入している。

8月9日 :『KEIZギャラリエアピタ知立店』(愛知県知立市)
8月10日:『KEIZ中川運河店』(愛知県名古屋市)
8月10日:『KEIZ尾張旭店』(愛知県尾張旭市)

愛知県内の経営ホール数は6店舗なので、そのうちの半数が同時期にパチンコ全台へ各台計数機を導入したことに。むろん「各台計数機」にも「箱積み方式」にもそれぞれメリットとデメリットがあるのは周知の通りだ。最適なバランスを求めて、各店舗で試行錯誤が続いている。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:5件 コメントを書く

  1. ホナッ!ホナッ!!ホナッ!!!

    0
    1
  2. 遅すぎるくらいだよ
    箱の店は避けていたから、これからは選択肢に入るかな

    0
    0

今、読まれています!

1

新規則機時代へと突入した2022年も4分の3が経過し、残りは3か月となった。その間パチンコホールの閉 ...

2

テンガイグループのツイッターより 9月18日に鹿児島市に上陸した台風14号。暴風雨を伴いながら九州を ...

3

各台計数機・パーソナルを入れる前の「玉箱」があった方が従業員のモチベーションは高かった、とあるホール ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, , , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島