×

埼玉県三郷市のパチンコ店『パラッツォ三郷中央店』が堅調な集客をみせる、遊技環境面もほぼ申し分なかった

『パラッツォ三郷中央店』

パラッツォ東京プラザ」グループは首都圏を中心にパチンコホールを展開する有力チェーンである。経営店舗は大半が「パラッツォ」の屋号を冠しており計22店舗を営業中だ。なお、本稿では『パラッツォ船橋店』と『パラッツォ新検見川店』のツイン店舗をそれぞれ1軒とカウントしている点にご留意いただきたい。

2021年4月頃には代表者変更のニュースが飛び込んできたことも記憶に新しいところ。ホームページを確認すると、代表取締役会長兼社長がオークラホールディングスの山本勝也氏に変更されていたものだ。ちなみに「オークラグループ」は長崎県に本拠を構え「ビッグアップル」などの屋号でパチンコホールを展開しているチェーン企業であり、香港証券取引所に上場していることでも知られた存在である。

このように、2021年に大きな転換期を迎えたパラッツォグループではあるが、経営ホール自体は依然として優良と評せることだろう。1店舗あたりの平均設置台数は770台ほどであり、1000台を超える巨艦ホールも6軒運営している。

その一つが『パラッツォ三郷中央店』で、同社における主要ホールに数えられる有力店舗だ。同店はつくばエクスプレス「三郷中央駅」からほど近い場所に店舗を構えており、パチンコ機479台・パチスロ機560台(合計1039台)の巨艦ホールである。

半径3キロ圏内には『やすだ三郷店』や『ダイナム戸ヶ崎店』といった競合ホールも点在しているエリア。8月24日(水)に視察すると、平日昼間にもかかわらず300人以上の遊技客が確認され十分賑わいを見せていた。

ハード面も充実しており、遊技環境はほぼ申し分ない。むろんスマホの充電器も備わっていた。あとは個人的に「セルフカウンター」などもあると便利だなと思ったくらいか。大手チェーンにおける主要ホールの名に恥じない優良店だった。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:7件 コメントを書く

  1. 一体いくらお小遣いを貰ったら
    こんな恥ずかしい記事を
    世界中に向けて発信しようと思えるの?

    30
    0
  2. なんなんですか?この提灯記事w

    23
    1

今、読まれています!

1

新規則機時代へと突入した2022年も4分の3が経過し、残りは3か月となった。その間パチンコホールの閉 ...

2

テンガイグループのツイッターより 9月18日に鹿児島市に上陸した台風14号。暴風雨を伴いながら九州を ...

3

各台計数機・パーソナルを入れる前の「玉箱」があった方が従業員のモチベーションは高かった、とあるホール ...

-パチンコ業界ニュース, 埼玉県, ホール, 関東エリア
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島