×

セントラルグループ、盲導犬育成事業への寄付活動に対し日本盲導犬協会から感謝状を受領

高知県を中心とした中四国エリアでパチンコホールを店舗展開するセントラルグループ(本社・岡山県倉敷市)は23日、盲導犬育成事業への寄付活動に対し、公益財団法人日本盲導犬協会より感謝状を受領した。

同グループでは、2011年より遊技部門全23店舗にてマスコットキャラクター「わんピー」のオリジナル景品を取り扱っており、その売上の一部を公益財団法人日本盲導犬協会へ寄付する活動を行っている。2022年8月よりオリジナル景品を「日本盲導犬協会ロゴ入りポケットティッシュ」にリニューアルし、ポケットティッシュ1個につき1円が公益財団法人日本盲導犬協会に寄付する。

セントラルグループは「地域社会との共生の理念のもと、目の不自由な方がいつでも行きたいところに行くことができるような、安全で安心できる社会づくりに少しでも貢献できるように、今後とも継続して盲導犬育成のための寄付活動に取り組んでいきたい」としている。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

新規則機時代へと突入した2022年も4分の3が経過し、残りは3か月となった。その間パチンコホールの閉 ...

2

テンガイグループのツイッターより 9月18日に鹿児島市に上陸した台風14号。暴風雨を伴いながら九州を ...

3

各台計数機・パーソナルを入れる前の「玉箱」があった方が従業員のモチベーションは高かった、とあるホール ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島