×

「凱旋ロード」は最大継続率約83%、ALL1500個以上! コナミアミューズメントが新機種「ぱちんこGⅠ優駿倶楽部2 超限界突破」をリリース

コナミアミューズメントは8月29日、パチンコ新機種「ぱちんこGⅠ優駿倶楽部2 超限界突破」を発売すると発表した。パチンコホールでの稼働開始は2022年11月を予定する。

本機は、実在する有名競走馬を育成する「GⅠ優駿倶楽部」シリーズのパチンコ第2弾で、大当り確率1/219.9のライトミドルタイプ。シリーズの持つゲーム性の面白さに加えて、右打ち中の大当り出玉はすべて1500個、「GⅠロード」中の大当りの約56%が最大継続率約83%の「凱旋ロード」に突入し、「凱旋ロード」中は大当り時の約27%で3000個以上が期待できる「限界突破BONUS演出」を搭載するなど、ミドルスペックと比べても引けを取らないハイスペックマシンに仕上がった。

このほかにも、あらゆる場面から発展する可能性がある大当り期待度40%以上の「GⅠレース出走」演出など、飽きさせない演出がゲームを盛り上げる。

また同日、同社公式YouTubeチャンネルにおいて公開したティザーPVでは、「突入率70%、継続率約83%、超限界突破、ALL1500個以上」「凱旋ロード最大継続率約83%、ALL1500個以上」「凱旋ロード中BONUSは約27%限界突破」「全てが限界突破、完全無欠の怪物SPEC、間もなく出走」などと本機のスペックを大々的にアピールしている。

©Konami Amusement


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:1件 コメントを書く

  1. 2段階ラッシュは流行っていませんが、レールガンみたいなライトミドル層でこれなら、流行る可能性ありそうですね

    1
    0

今、読まれています!

1

新規則機時代へと突入した2022年も4分の3が経過し、残りは3か月となった。その間パチンコホールの閉 ...

2

テンガイグループのツイッターより 9月18日に鹿児島市に上陸した台風14号。暴風雨を伴いながら九州を ...

3

各台計数機・パーソナルを入れる前の「玉箱」があった方が従業員のモチベーションは高かった、とあるホール ...

-新台, パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島