×

RSN、2022年7月の電話相談は211件

リカバリーサポート・ネットワーク(RSN)は、8月24日発刊の機関紙「さくら通信」(第184号)において、2022年7月中の電話相談状況を報告した。

それによると6月の電話相談件数は211件(支援室27件含む)で、6月より40件減少した。相談件数211件のうち初回相談は81件あり、本人からの相談が72件(89%)、家族・友人からの相談が9件(11%)。本人性別は、男性が59件(82%)、女性が13件(18%)。本人からの相談経路の内訳は、「ホール内ポスター」が38件で最も多く、「インターネット」18件、「ホール配布物」「ホール関係者」「ATM啓発メッセージ」が2件、「ホール折込チラシ」1件、「不明・拒否」は9件だった。

また、Instagram(昨年11月開設)に続いてTwitterの公式アカウントを開設したことを報告。電話相談のシステムトラブルなどのアクシデントを迅速に伝えれるようになったとして、フォローを呼び掛けている。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:225件)


コメント:1件 コメントを書く

  1. メーカーが光や音の刺激でパチンカスの頭を壊して中毒にするように作ってるからね。それで飲めり込め防止とか、随分と世の中舐めていると。癒着が酷すぎて摘発されないからやりたい放題。アメリカなら巨額賠償請求されてるやろな。

    0
    0

今、読まれています!

1

秋田県秋田市にて営業中のパチンコホール『P-ZONE広面店』がマルハングループに事業承継されることが ...

2

ホームページなどで「スマスロ」導入を予告するパチンコホールが出始めている スマスロ導入の見通しが徐々 ...

3

知り合いのジャーナリストからパチンコ業界の展望などを聞かれる。そうして話している内に「公営ギャンブル ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島