×

神奈川県遊協、神奈川県の「筋電義手バンク」に300万円を寄付

神奈川県遊技場協同組合(神遊協)と神奈川福祉事業協会は8月30日、県庁において神奈川県が普及を進める「筋電義手バンク」に300万円の寄付を行い、黒岩祐治知事から感謝状を受けた。

筋電義手は腕の筋肉で発生するわずかな電流に反応し、自分の腕のように動かせる義手。筋電義手を使いこなせるようになるには一定期間の訓練が必要であり、訓練用の義手は1台約150万円と高額で、乳幼児の場合は成長に合わせて義手の作り替えも必要となる。こうした状況から日本では筋電義手があまり普及していないが、筋電義手を必要とする人が多くいることから、県は令和4年度に「筋電義手バンク」を設置し、寄付金を活用しながら、普及促進に取り組んでいる。

「筋電義手バンク」への支援に対して初の感謝状を受けた伊坂重憲理事長は、テレビ神奈川の取材に対して「お子さんが筋電義手を使っていくとサイズが違ってくるといった話もうかがいました。それは相当お金がかかると思いますので我々民間でサポートにつとめたい」と述べた。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:225件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

秋田県秋田市にて営業中のパチンコホール『P-ZONE広面店』がマルハングループに事業承継されることが ...

2

ホームページなどで「スマスロ」導入を予告するパチンコホールが出始めている スマスロ導入の見通しが徐々 ...

3

知り合いのジャーナリストからパチンコ業界の展望などを聞かれる。そうして話している内に「公営ギャンブル ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島