×

三重県遊協・尾鷲支部、尾鷲市社会福祉協議会に対し災害対策物品を寄贈

三重県遊技業協同組合(三遊協)の尾鷲支部は8月31日、尾鷲市社会福祉協議会に対し、災害対策物品として軽乗用車1台・テント1張・ノートパソコン2台を寄贈。これを受けて感謝状を受領した。

昨年11月末まで尾鷲支部の来店客が各ホールに寄付した余り玉の積立金を精算して災害対策物品を購入。防災の日(9月1日)の前日に寄贈した。なお、同支部はこれまで32回、紀北地区の社会福祉協議会などに物品を寄贈してきたが、加盟店舗の減少をうけて昨年12月に熊野・紀宝支部と統合している。

田中聡支部長は、「災害時に少しでも役立ててもらえれば」と尾鷲市社会福祉協議会の内山洋輔事務局長に目録を手渡した。内山事務局長は「今後、大地震が起こるとされ、社会福祉協議会では災害やシステム障害、感染症に対応するため業務継続計画を策定している。災害復興に有用な軽バン、ボランティアの受付拠点として使えるテント、津波でも持ち運べるノートパソコンを有効活用したい」と述べた。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

新規則機時代へと突入した2022年も4分の3が経過し、残りは3か月となった。その間パチンコホールの閉 ...

2

テンガイグループのツイッターより 9月18日に鹿児島市に上陸した台風14号。暴風雨を伴いながら九州を ...

3

各台計数機・パーソナルを入れる前の「玉箱」があった方が従業員のモチベーションは高かった、とあるホール ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島