×

岡山県のパチンコ企業「トキメック㈲」が破産手続開始申立を行い受理される、唯一の経営ホール『エスピースタジアム』は8月末を以って閉店済み

『エスピースタジアム』

岡山県倉敷市にて営業してきたパチンコホール『エスピースタジアム』が閉店したのは本年8月末のこと。同店は国道430号線沿いに位置しており、パチンコ機208台・パチスロ機204台(合計412台)の中規模ホールであった。

運営母体となる「トキメック有限会社」では経営ホールが同店のみだったため、今後の動向も気になっていたところ。そんな中でこの度、2022年9月5日に岡山地方裁判所・倉敷支部へ破産手続開始申立を行い、同庁に受理されたことを通知している。事件番号令和4年(フ)第180号。

今後は、裁判所の審理のうえ、破産手続開始決定がなされるとともに、破産管財人によって、トキメック有限会社の破産事件処理が行われるという。

パチンコ企業の廃業ニュースは寂しい限りである。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:10件 コメントを書く

  1. 閉店おめでとう

    52
    44
  2. コレでパチンコを卒業するきっかけになればねー

    33
    5

今、読まれています!

1

新規則機時代へと突入した2022年も4分の3が経過し、残りは3か月となった。その間パチンコホールの閉 ...

2

テンガイグループのツイッターより 9月18日に鹿児島市に上陸した台風14号。暴風雨を伴いながら九州を ...

3

各台計数機・パーソナルを入れる前の「玉箱」があった方が従業員のモチベーションは高かった、とあるホール ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島