×

PAAが定例理事会、大島代表理事がスマスロについて「PAAとしてできることに取組んでいきたい」

大島克俊代表理事

一般社団法人ぱちんこ広告協議会(PAA)は8月31日、定例理事会をオンラインで開催した。

大島克俊代表理事は「3年振りの行動制限の無い夏休みとなったが、ホールの稼働は予想を下回る結果となったと聞いている。一方で6.5号機が好評を得ており11月にはスマートパチスロの発売が予定されている。これらのポイントをしっかり押さえ、PAAとしてできることに取組んでいきたい」と挨拶した。

活動報告では、企画制作WGが今年11月からのスマート遊技機導入に対して、どのような施策を採るか課題とした。このほか、ぱちんこ大会WGからは、大学のサークルによる全国大会(通称・インカレ) のプレオープンに向けて全国支部の体制固めを進め、継続的な運営を実現するため全日本学生遊技連盟を設立し、一般社団法人化に向け最終調整中との報告があった。また、日遊協主催の「第5回全国クリーンデー」への参加協力依頼を受け、会員各社へ参加を呼びかけた。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

京都府宇治市にて営業してきたパチンコホール『キコーナ宇治大久保店』が改装のため、休業したのは本年8月 ...

2

長引くウクライナとの戦争でプーチン大統領は動員令を発動した。いつ軍隊に召集されるか分からない状況に怯 ...

3

保安通信協会(保通協)は3日、2022年9月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 パチンコは結 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島