×

全日遊連が全国理事会を開催、時代に適した広告宣伝等に関するWTの活動などについて報告

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は16日、東京都港区の第一ホテル東京において全国理事会を開催。理事会終了後に記者会見を開き、阿部恭久理事長以下、6名の副理事長、太田裕之専務が出席した。

記者会見では、時代に適した広告宣伝等に関するワーキングチームの活動について、8月1日に広告宣伝に関する7項目について警察庁に要望したことを改めて報告。例えば、新台入替の告知において各地域で事前告知や当日告知等の取扱いで差が生じているケースがあることを踏まえ、全国共通した形での運用を要望した。なお、ユーチューバー・パチンコライター等の広告宣伝については今後、ワーキングチームで対応を協議していくとした。

このほかスマート遊技機に関して、公平な供給をメーカー団体に要望していることや、中古機流通におけるスマート遊技機の取扱いについてもルールづくりを行っていく方針を示した。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:115件)


コメント:4件 コメントを書く

  1. 抱き合わせ、優先販売、履歴販売が未だに摘発されないとか凄い業界だよな。やりたい放題。むしろやらなきゃ損状態。

    3
    0
  2. ABC八幡店解体済確認(市原市)

    2
    2

今、読まれています!

1

今年7月のスマート遊技機フォーラムで公開されたコンプリート機能発動時の画面 ホール関係4団体(全日遊 ...

2

ダイコク電機は5日、同日開催の取締役会において、最近の業績動向を踏まえ、2023年3月期通期の連結業 ...

3

東京・上野エリアの「アメ横」にて出店準備中となっていたパチンコホール『楽園アメ横店』が2023年1月 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島