×

スマスロ初の沖タイプが登場、ボーナス後32Gがアツい!山佐ネクストが新機種「スマスロリノヘブン」発表

山佐ネクストはこのほど、2022年11月21日にホールデビュー予定のパチスロ新機種「スマスロリノヘブン」の販売を開始した。

本機は「トマトが光ればボーナス確定」となる完全先告知機で、毎G抽選と規定G数でボーナスを目指すスマスロ初の“沖タイプ”。BBは平均208枚(AT65G)、RBは平均64枚(AT20G)の擬似ボーナスとなっており、消化中にリール右部にある「ヘブンランプ」が点灯すれば、BB1G連確定。そして、ボーナス終了後32G以内での天国ループに期待できるゲーム性だ。

天国モードは、「天国」(ループ率75%)、「超天国A」(ループ率80%)、「超天国B」(ループ率90%)、「裏天国」(ループ率90%×BBのみ)の4種のモードが存在。ボーナスを重ね一定枚数を獲得すると有利区間がリセットされ、この有利区間移行時に50%以上で「裏天国」に突入するという途切れない期待感も大きな特徴となっている。

通常時は天国モードに移行するまでモードダウンは無し。ボーナス当選でモードアップ抽選を行い、滞在しているモードによってボーナス比率が異なるなどの特性がある。例えば、裏通常モードは初当りはRBのみ・裏天国移行のチャンスというモードとなっており、RBが頻発するほど裏通常モードの可能性が高まるといった沖タイプならではのモードを推測する楽しみも本機の魅力と言えよう。

©YAMASA ©YAMASA NEXT


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:112件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『オーパス・ワン立石店』 東京都葛飾区のパチンコ新店『オーパス・ワン立石店』が2022年12月1日( ...

2

パチンコ店のコンサルを生業としている知人。最近顔を見ないので「どうしているのか」と同業者に尋ねると、 ...

3

ユニバーサルエンターテインメントは28日、パチンコ新機種「P真バジリスク~甲賀忍法帖~豪塊W319v ...

-新台, パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島