×

9月中に閉鎖したパチンコ店は51軒に上る、本年の累計数は約650軒となり1年間で800店舗ほどが閉店する見込み

新規則機時代へと突入した2022年も4分の3が経過し、残りは3か月となった。その間パチンコホールの閉店ラッシュが続いていることは既報の通りで、全国で営業している店舗数は7350軒ほどまで減少している。(なお、弊社のデータベース上では一部の「ツイン店舗」を1軒としてカウントしているため、警察庁発表数値などとは若干乖離があることにご留意頂きたい。)

上半期では、旧規則機の設置期限を迎えた1月末と、GW明けとなる5月期に閉店を選択したホールが激増。結果的に、本年1月から6月における閉店ホール数の合計は500軒近くまで膨れ上がっていたものである。

2020年および2021年の年間閉店数がそれぞれ600軒ほどであったことを思えば、如何にハイペースで進んでいたかがよく分かる数値といえよう。

なお、7月期は繁忙期を控えていたため閉店数はだいぶ減少。本年最小となる34軒に留まっていた。ただしお盆明け以降は当然のように閉店ラッシュが再加速して、8月中に閉鎖したパチンコ店は76軒に。

7月および8月の2カ月間で計110軒のホールが閉店・休業を選択したことにより、累計閉鎖数は8月末時点で600軒の大台に到達していた。

そしてシルバーウィーク明けにも多くのパチンコホールが閉店し、9月期だけで51軒のホールが市場からその姿を消している。1軒あたりの平均設置台数は371台で、相変わらず小規模ホールの閉鎖が目に付く状況に変わりはない。

それでも徐々に、中規模以上のパチンコ店が閉鎖するケースも増えてきた。『ガイア岐阜駅前店』や『コスモジャパン栄店』などは700台以上の設置台数を有する大型店である。今後のスマート遊技機への移行なども踏まえると、設備投資に対する「費用対効果」という側面から撤退を判断する動きも出てくることだろう。

なお、閉鎖した51軒の中にはパチスロ専門店も11軒含まれていて、神奈川県の『スロットステラ横浜店』や『セブンクラウン』など半数以上が首都圏に位置する店舗だった。

いずれにしても、これにて2022年の9カ月間における累計閉鎖数は650店舗ほどとなっている。残り3か月で仮に50軒ずつ減ったとして、1年間の閉店総数は800店舗となる計算だ。

年初に懸念されていた「1000店舗以上の閉店」とまではいかなそうだが、2020年および2021年と比較すると200軒近く増加する見込みである。

スマートパチスロの導入開始まであと2か月を切ったパチンコ業界。来年からはスマートパチンコの導入も予定されていて、買えるホールと買えないホールの二極化は更に進行することだろう。

1995年には1万8000店舗あったパチンコ店も、7000店舗割れが見えるところまで減少している。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:89件)


コメント:43件 コメントを書く

  1. おめでとう

    100
    17
  2. おめでとうございます
    閉店ラッシュ継続率90パーセントですね

    さっさとパチンコ業界は日本から無くなってください

    100
    21

今、読まれています!

1

愛知県春日井市にて営業してきたパチンコホール『コスモジャパン勝川店』を本年7月に真城グループが事業承 ...

2

「HEY!エリートサラリーマン鏡」(パオン・ディーピー) 次回入替は12月5日から。中旬導入も数があ ...

3

『ライオン八王子店』(※2022年5月撮影) 東京都八王子市にて営業中の低貸専門店『ライオン八王子店 ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島