×

余暇進、9月度部会でダイコク電機DK-SIS室の片瀬室長がパチスロ業績の変化について講演

一般社団法人余暇環境整備推進協議会(余暇進)は9月13日、令和4年9月度の部会・理事会をオンライン開催した。

今回の部会はダイコク電機DK-SIS室の片瀬宏之室長が「DK-SISデータから見る2022年~6.5号機によるパチスロ業績の変化~」と題し、ホール営業における直近の集客状況等について講演した。

片瀬氏は、8月のお盆商戦における集客状況やパチンコ・パチスロ別の稼動等営業データを示しつつ、過去の実績との比較から変化のあったポイントについての要因分析や傾向から予想される将来動向を解説。その中で、稼動時間と時間粗利のバランスの重要性を改めて強調したほか、パチスロ6.5号機に関連したファンの遊技動向として「パチンコ・パチスロ両方を遊技する層が減り、パチスロのみを遊技する層が増えている」と言及した。

また、6.号機であればどのような機種であってもファンから支持を得ているというわけではないとしたうえで、「購入台数が増えていく今後は機種選定がこれまでよりも重要になる」と指摘。また、スマスロについては「高コイン単価が業界の注目を集めているが、その部分にのみ注目しすぎないように」と述べ、ゲーム性や単価と出玉のバランスを考慮した機種の選定を行うようアドバイスした。

その後の理事会では、各種報告事項や議案を審議したほか、11月22日に開催する秋季セミナーの会場や内容についても協議した。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:89件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

愛知県春日井市にて営業してきたパチンコホール『コスモジャパン勝川店』を本年7月に真城グループが事業承 ...

2

「HEY!エリートサラリーマン鏡」(パオン・ディーピー) 次回入替は12月5日から。中旬導入も数があ ...

3

『ライオン八王子店』(※2022年5月撮影) 東京都八王子市にて営業中の低貸専門店『ライオン八王子店 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島