×

パチンコ17件・パチスロ14件が新たに適合、適合率は今年最低値に ~保通協型式試験2022年9月

保安通信協会(保通協)は3日、2022年9月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。

パチンコは結果書交付83件(前月比マイナス6件)に対して適合17件(同マイナス7件)で、適合率(適合件数/結果書交付)は20.5%(前月は27.0%)。パチスロは結果書交付89件(同マイナス10件)に対し、適合は14件(同マイナス3件)で適合率は15.7%(前月は17.2%)。パチンコ・パチスロともに適合数は前月比で減少し、適合率は今年最低値となっている。

なお、9月の受理件数はパチンコが前月比5件減の80件、パチスロが前月と同じ85件となった。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:115件)


コメント:5件 コメントを書く

  1. 適合基準を変えない限りクソみたいな台しか出ない。

    16
    0
  2. クソメーカーが懲りずに爆裂機出すから規制入ってパチ屋とユーザーが被害被るってマジ納得出来んわ。
    メーカーにペナルティ与えろよ。
    俺らが悪いみたいやんこんなの。
    まぁ、結局皆出る台がいいからメーカーもその意を汲んで作ってんかも知れん?!けど、後先考えすぎんだろう。みんなが迷惑するわ

    4
    2

今、読まれています!

1

千葉県柏市にて営業してきたパチンコホール『やすだ柏店』が閉店したのは本年8月16日のこと。同店は国道 ...

2

2022年11月21日からスマスロの導入が開始されたことは周知の通りだ。新たなゲーム性として「メダル ...

3

「Pもっとあぶない刑事」(ニューギン) 12月の入替は年末年始の繁忙期向けに中旬のほうがやや層は厚い ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島