×

NEXUS、SDGs活動の一環としてレジ袋削減オペレーションを開始

パチンコホール事業、フィットネス事業、フェンシング事業、温浴事業などを展開するNEXUS(本社・群馬県高崎市)は、NEXUS×SDGsプロジェクトの一環として10月15日より「D’ステーション」全店にて「レジ袋削減オペレーション」を開始すると発表した。

これは、2020年7月1日から全国で実施しているレジ袋削減による環境問題に貢献するための取組みで、レジ袋を有料化するのではなく、ホールカウンターで遊技客が交換する際に「こちらはこのままお渡ししてよろしいでしょうか?」と声掛けを行うことで必要のないレジ袋の配布を減らしていく。

同社は「プロジェクトチームによるバイオマスレジ袋への切り替えも検討したが、費用対効果の分析により、まずは現状の使用量を把握し、年間を通じた削減対策を採用した」とし、この取組みによる削減効果を今後公表していく予定だという。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:115件)


コメント:1件 コメントを書く

  1. SDGs活動の一環として出玉も削減いたします。

    1
    0

今、読まれています!

1

※画像はイメージです。 東京都荒川区にて営業してきたパチンコホール『ウインベル・イースト・パチンコ』 ...

2

「遊楽ガーデン」グループは首都圏を中心にパチンコホールを展開する言わずと知れた有力チェーンだ。「ガー ...

3

パチンコホール企業大手のマルハン(本社・京都、東京)は、西日本カンパニーが運営する『マルハン下松(く ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島