×

「心身のリフレッシュや指の運動にパチンコを楽しんでもらえたら」 新潟市のパチンコホール『ニラク白根店』が特別養護老人ホームに遊技台を寄贈

福島県を中心にパチンコホールを店舗展開するニラク(本社・福島県郡山市)が運営する『ニラク白根店』(新潟市南区)は7日、特別養護老人ホーム「しなの園」にパチンコ1台、パチスロ1台を寄贈した。

今回の寄贈は、同施設よりデイサービス時におけるアクティビティとして、パチンコ台を設置出来ないかとの要望を受けて実現したもの。

寄贈式では、佐藤エリアマネジャーが「心身のリフレッシュや指の運動にも、パチンコを楽しんでもらえたら嬉しいです」と寄贈に対する思いを伝えた。これに対し「しなの園」の柏崎理事長は「利用者にパチンコで豊かな表情になってもらいたい。パチンコ台を一つのコミュニケーションツールとして活用していきたい」と謝辞を述べた。

また、パチンコ体験会で利用者からは「楽しかった」「よく分からないが面白かった」などの声が寄せられた。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:115件)


コメント:5件 コメントを書く

  1. とうとうボケ老人にも餌まき。やることがエグすぎ

    3
    2
  2. 老人の楽しみは脳内麻薬を分泌することではありません。僕が施設の責任なら断りますけどね。

    3
    2

今、読まれています!

1

千葉県柏市にて営業してきたパチンコホール『やすだ柏店』が閉店したのは本年8月16日のこと。同店は国道 ...

2

2022年11月21日からスマスロの導入が開始されたことは周知の通りだ。新たなゲーム性として「メダル ...

3

「Pもっとあぶない刑事」(ニューギン) 12月の入替は年末年始の繁忙期向けに中旬のほうがやや層は厚い ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島