×

スマートパチンコ対応設備を一部テスト導入します、亀戸駅前の『三徳ホール』が1階パチンコフロアでスマパチ対応の貸玉サンドを設置

『三徳ホール』

「三徳総業」グループは東京都にて4軒のパチンコ店を展開しているチェーン企業。1店舗あたりの平均設置台数は372台で、経営ホールは小中規模ホールのみとなっている。

同社で最大規模を誇るのが「JR亀戸駅」からほど近い場所に店舗を構えている『三徳ホール』で、1階がパチンコフロア320台、2階がパチスロフロア160台(合計480台)という設置構成だ。

そんな『三徳ホール』のホームページ上ではスマート遊技機に関して次のような記載が見られている。「新時代へ。スマートパチンコ対応設備を一部テスト導入します」と。

間もなく初期導入が開始される「スマスロ」ではなく、来春導入予定とされる「スマパチ」に関する記述となっている点が非常に興味深いところ。

10月17日(月)に同店を視察すると、320台ある1階パチンコフロアの中で「1BOX(40台分)」だけ異なる貸玉サンドが設置されていた。

上皿に玉を出すノズルもあり一瞥した限りでは「既存の貸玉サンド」と大して変わらない見た目であるが、サンドの最下部には遊技機と繋ぐ機構が見て取れたものだ。むろん現状では関係ないのだろうが、(スマスロでもユニット不足がささやかれる中で)一足先にスマートパチンコへの対応を始めているということらしい。

店舗スタッフに話を聞いた際にも、来年以降に向けた準備である旨を強調されていた。

まだまだ不明瞭な点が多いスマパチだが、更なる情報解禁の日を楽しみに待ちたいところである。

回答結果 (回答数565件)

来年4月から導入予定の「スマートパチンコ」につきまして、どの部分に注目していますか?

「大当り確率の下限が1/350」になること(39.8%)
「c時短」を用いたパチスロのようなゲーム性(25.1%)
玉に触れずに遊技・計数が行えるようになること(19.8%)
(玉が無くなることで)騒音レベルが下がること(15.2%)
投票は終了しました

アンケート一覧はこちら


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:115件)


コメント:7件 コメントを書く

  1. スマパチも来るのか!

    7
    3
  2. P機にも使えるスマパチユニットがあるんだな

    7
    4

今、読まれています!

1

保安通信協会(保通協)は1日、2022年11月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによる ...

2

『オーパス・ワン立石店』 東京都葛飾区のパチンコ新店『オーパス・ワン立石店』が2022年12月1日( ...

3

ユニバーサルエンターテインメントは28日、パチンコ新機種「P真バジリスク~甲賀忍法帖~豪塊W319v ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島