×

中国遊商、社会貢献委員らによる子どもの事故未然防止巡回活動を実施

全商協所属の中国遊技機商業協同組合(中国遊商)は9月27日、ホール駐車場における子どもの事故未然防止巡回活動をより効果的に行うための実態把握を目的に、岡山県倉敷市内のパチンコホールを訪問した。

山本基庚理事長をはじめとした社会貢献委員長等4名は、店長や役員、そして岡山県遊協役員等5名と情報交換。その後、店長とホール警備員から巡回コース等を聞きながら、組合専用の黄色のチョッキに、中国遊商が作製した腕章を付けて立体駐車場及び屋外平面駐車場を巡回した。なお、当日は約200台の駐車車両の確認を行ったが、チャイルドシート付きの車両も散見するなか、子どもの乗車は認められなかった。

同組合は「今回の活動を通じて巡回時間帯の設定や視認が困難な車両内確認、立体駐車場の各階の選定等の重要性を再認識し、今後も子どもの尊い命を守るため継続して取組んでいきたい」とコメントしている。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:115件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

保安通信協会(保通協)は1日、2022年11月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによる ...

2

『オーパス・ワン立石店』 東京都葛飾区のパチンコ新店『オーパス・ワン立石店』が2022年12月1日( ...

3

ユニバーサルエンターテインメントは28日、パチンコ新機種「P真バジリスク~甲賀忍法帖~豪塊W319v ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島