×

回胴遊商東北支部が東北遊商と合同で宮城県の広瀬川流域近辺での清掃活動に参加

回胴式遊技機商業協同組合(回胴遊商)の東北支部は1日、東北遊技機商業協同組合(東北遊商)と合同で「広瀬川1万人プロジェクト」に参加した。

このプロジェクトは、杜の都・仙台のシンボルである広瀬川の自然環境を守り、多くの市民が親しめる広瀬川とするため、100万都市仙台の1%となる「1万人」をキーワードとして、市民・企業・行政などで実行委員会をつくり活動を展開している環境保全活動。昨年と一昨年は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で3年振りの参加となった今回は、両団体とも感染対策として参加人数を原則1社につき1名に制限した。また、送迎バスの運行は中止し、地下鉄等の公共交通機関を利用して会場に集合したほか、清掃場所も東北遊商とは別会場で行い、懇親会も実施しないなど、様々な感染対策を徹底したうえでの参加となった。

当日は回胴遊商から15名が参加し、10時から12時までの2時間、「大橋右岸」周辺でごみを拾い集めた。清掃活動終了後、鈴木正浩支部長は「来年こそは新型コロナウイルス感染症が収束し、人数制限もなく、清掃活動後の懇親会まで開催し組合員の親睦を深めたい」と挨拶。また、参加者からは「ごみの量は少量だったが、良い経験をさせてもらった。来年も是非参加させていただきたい」などの感想が寄せられた。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:115件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

今年7月のスマート遊技機フォーラムで公開されたコンプリート機能発動時の画面 ホール関係4団体(全日遊 ...

2

ダイコク電機は5日、同日開催の取締役会において、最近の業績動向を踏まえ、2023年3月期通期の連結業 ...

3

東京・上野エリアの「アメ横」にて出店準備中となっていたパチンコホール『楽園アメ横店』が2023年1月 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, , , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島