×

関西遊商、中古遊技機流通事業従事者リーダーを対象に講習会を開催

全商協所属の関西遊技機商業協同組合(関西遊商)は20日、大阪市中央区の難波御堂筋ホールにおいて2022年度第1回中古遊技機流通事業従事者リーダー講習会を開催し、組合員84名が参加した。

冒頭、挨拶に立った北大将機械流通委員長は、中古遊技機流通事業者、事業従事者に関する名称等の変更について周知徹底を確認。取扱主任者講習会は技能研修会となり、3年に1回ではなく、今年度より年1回受講に変更したことなどについて報告した。

講習会はQR運用規定の改定について説明の後、QRハンディースキャナーを使用しての筆記試験の実施、ハンディースキャナーの不具合が発生した場合の取扱い、筆記試験において不正解が多い設問についての解説等を行った。また、グループに分かれて実機試験機種の主基板・払出基板のカシメについて実際に現物を確認するなどした。なお、ハンディースキャナーを使用した筆記試験において参加者全員の合格が通知された。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:115件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

関西エリアを中心にパチンコ店をチェーン展開する延田グループ(本社・大阪市中央区)は、2022年12月 ...

2

ダイコク電機は5日、同日開催の取締役会において、最近の業績動向を踏まえ、2023年3月期通期の連結業 ...

3

『ニュー桃太郎』 大阪府大阪市の西成区にて営業してきたパチンコホール『ニュー桃太郎』が2022年11 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島