×

パチンコメーカー「高尾」における再生計画案は賛成多数で可決される、11月2日に開かれた債権者集会は質疑応答もなく速やかに終了

債権者集会が開かれた東京地方裁判所・中目黒庁舎

パチンコメーカーの「高尾」が民事再生手続開始の申立てを行い、東京地方裁判所より保全処分命令の発令を受けたのは本年5月30日のこと。そして6月1日には名古屋市内で「民事再生手続に関する説明会」を開催していた。その際には100名を超える債権者が参加していたものである。

その後、民事再生手続が進められる中で「再生計画案」が立案された。(この再生計画案が認可決定を受けることを条件に)9月5日付けで高尾は「オーイズミ」とスポンサー支援に関する契約を締結したという流れだ。

故に「再生計画案」が債権者に承認されるかどうかが焦点であり、11月2日(水)の15時から東京地方裁判所・中目黒庁舎にて開かれた「債権者集会」にて決定する運びとなっていた。ちなみに、総債権額の2分の1以上、及び出席債権者の過半数の「賛成」が可決の条件だったとされている。

なお、この議決に関する投票は事前に郵送でも受け付けていたため、「債権者集会」に実際に参加した債権者は25名前後に留まったようだ。当日に持参された議決票の集計もその場で速やかに行われた結果、圧倒的に「賛成多数」で再生計画案は承認・可決されている。

その結果を受けて、裁判所も認可決定する旨を伝えたという。今後は官報に公告され4週間程度で確定となる見込み。以上の内容だけで債権者集会はすぐに終了し、その他の連絡事項や質疑応答などは無かったようだ。

いずれにせよ、これにて再生計画案に従い進められることがほぼ決まった。スポンサーとなる「オーイズミ」の動向も含めて引き続き注視していきたいところである。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:115件)


コメント:5件 コメントを書く

  1. まとめサイトによると、
    高尾の営業所が全て閉鎖され営業マンがリストラ宣告された模様。
    社長が惨殺された事件は未解決。

    23
    12
  2. いらないメーカーです

    20
    36

今、読まれています!

1

保安通信協会(保通協)は1日、2022年11月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによる ...

2

『オーパス・ワン立石店』 東京都葛飾区のパチンコ新店『オーパス・ワン立石店』が2022年12月1日( ...

3

ユニバーサルエンターテインメントは28日、パチンコ新機種「P真バジリスク~甲賀忍法帖~豪塊W319v ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島