×

10月期におけるパチンコ・パチスロ「新台」の総導入数は13万台ほど、9月よりパチンコ機が3万台多く入る

本年10月期には、全国でパチンコ・パチスロの新台が計13万台ほど導入されていた(編集部調べ)。なお、本稿の数値はインターネット上で情報公開しているホールの機種別台数を足し合わせたものであるため、実際の設置台数に対して9掛け程度になっている点をご留意いただきたい。

ちなみに9月期ではパチンコ新台が約5.8万台、パチスロ新台が約4.4万台市場に導入されており合計10万台程度。それと比較すると10月期は3万台ほど多かったことになる。

パチンコの新台は8機種導入され、「P真・牙狼2」が約2.5万台で一番手となっていた。近年では2万台以上設置される機種がだいぶ少なくなっているため、何だかんだと言いながらも「牙狼」ブランドは未だ健在といえるか。ちなみに昨年6月に導入された「P牙狼月虹ノ旅人」は約3.9万台、本年1月の「P牙狼月虹ノ旅人絆 GIGA GHOST Ver.」が約2.8万台だったことも付記しておきたい。

「P真・牙狼2」

そして「ウルトラマンティガ 1500×84」が約2万台、「Pうしおととら~超獣SPEC~」が約1.6万台と続く。結果的に10月期におけるパチンコ新台の合計台数は約8.7万台と台数こそ多めだったが、既存の主力機と比べるとやや盛り上がりに欠けていたと評さざるを得ない。

一方でパチスロ新台は7機種が導入されて「パチスロ バイオハザード RE:2」の1.4万台がトップ。他は全て1万台以下に留まり、合計台数は4.5万台だった。9月期とほぼ同数という集計結果になっている。

6.5号機の登場によりホールの新台購入意欲が以前よりは高まりつつあるも、全国的に大量導入される機械はまだまだ出ていないのが現状だ。スマスロの解禁日まであと少し。まずは導入状況を注視したい。

©2005 雨宮慶太/Project GARO ©2006 雨宮慶太/東北新社・バンダイビジュアル ©2011「呀」雨宮慶太/東北新社 ©2013「桃幻の笛」雨宮慶太/東北新社 ©2013「絶狼」雨宮慶太/東北新社 ©2015「媚空」雨宮慶太/東北新社 ©2010 - 2016 雨宮慶太/東北新社 ©2016「絶狼」雨宮慶太/東北新社 ©2017「神ノ牙」雨宮慶太/東北新社 ©2018「JINGA」雨宮慶太/東北新社 ©2018「月虹ノ旅人」雨宮慶太/東北新社


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:115件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

保安通信協会(保通協)は1日、2022年11月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによる ...

2

『オーパス・ワン立石店』 東京都葛飾区のパチンコ新店『オーパス・ワン立石店』が2022年12月1日( ...

3

ユニバーサルエンターテインメントは28日、パチンコ新機種「P真バジリスク~甲賀忍法帖~豪塊W319v ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島