×

プローバグループ、3年振りにフットサル大会を開催

広島県を中心にパチンコホールやゲームセンターなどを展開するプローバグループ(本社・広島市安佐南区)は10月30日、広島市西区のミズノフットサルプラザ広島において「第26回プローバカップフットサル大会」を開催。33チーム263名が参加し、部門ごとにトーナメント戦を行った。

また当日は、スペシャルゲストとしてプロサッカーチーム「サンフレッチェ広島」の森﨑浩司アンバサダーが大会を盛り上げたほか、キックターゲットやフットサル教室などのコーナーを設けて、試合以外だけでなくフットサル普及に努めた。

サンフレッチェ広島やアンジュヴィオレ広島のスポンサーとして地域スポーツの振興に努めてきたプローバグループでは、「これからもスポーツを通じて地域を盛り上げ、プローバグループの企業理念である『地域社会への貢献』をひとつでも多く形にしていきたい」としている。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:109件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

新潟県佐渡市にて営業してきたパチンコホール『DAMZ佐和田』が2022年11月30日(水)の営業を以 ...

2

パチンコ店のコンサルを生業としている知人。最近顔を見ないので「どうしているのか」と同業者に尋ねると、 ...

3

コナミアミューズメントは11月29日、パチスロ新機種「戦国コレクション5」のティザーサイトを公開した ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島